♣️本と写真のブログ@タイ・バンコク

本や写真。バンコクに住む私をON, OFFしてくれるもの。

♧ 私の手を引いてくれた人

f:id:gevening:20161007000829j:image

大人になって、
ようやく親と許容し合える部分も出てきて、
でも顔を会わせると、
やっぱり合わないこともあって。

 

それでも、
私が生まれ、手のかかる時期も、
いろいろなことを全て、
親が面倒を見てくれたのだ、
という事実は確かにある。

 

結局、親との関係で
合う、合わない、は
たぶん少なからず誰にもあることで、
それは、私にも、親側にしてみても、
選べないしょうがない事なのです。

 

私だけじゃない、
親も悩んできたのだろう。

 

そう考えると、
同じ課題に取り組むチーム、
のようにも考えられます。

 

一筋縄ではいかないね、私たちの関係。
難しいよね〜
まいっちゃうよね
まったく。

 

きっと、
そんな感じなんでしょうね。

 

克服しようとか、
難しいので、

前よりちょっと仲良くなろう、
前よりちょっと、お互いに気分良くいよう、
そんな感じでちょっとずつ近づいていけば、
いつかピッタリ横にくっつく日が
来るのかもしれませんね。

 

いつかなーーw

♧ なるようになるさ〜

f:id:gevening:20160917181626j:image

 

仕事でちょっと失敗してしまったり、

人間関係でちょっと悩んだり、

「ちょっと」とは言っても、

実際は、割とリアルにダメージが。。

 

そんな時、ちょっとの間、思考停止。

ぼーーーー っと周りの風景を眺めて歩き、

今日は気持ちのいい気候だったんだな、とか

太陽にあたっている葉っぱがキレイだな、とか

いつもソイで見かける黒いモコモコの犬が

最近毛を刈られたのか、

つるんとしているな、とか

その時、その場で、

目にしたり感じたりすることを

そのまま、ダイレクトに感覚に取り込みます。

 

そうしたら、

今ここにいる自分が蘇ってきて、

まーいっか、なるようになる、時間は過ぎる、

と思えてきます。

 

自然からもらえるものは、

毎日たくさんありますね  ♫

 

? iPhonegrapher

f:id:gevening:20160904194252j:image

わたしの大好きな本。
iPhoneで撮った写真ばかりが載っています。

どれも日常的で、でも印象的な写真ばかり。
自分もこんなふうに写真が撮れたらな。

すごく、かっこいい。

着眼点が。

対象の切り取り方が。

日々、景色、もの、生き物を見るとき、
いつもこんな視点で見れたら
きっと、印象的な毎日になる。

♧ 雨の日は。

f:id:gevening:20160901152415j:plain


バンコクの夜、突然の嵐。

あっという間に水の世界です。


空気は雨で洗われ、

道路にはネオンが映り、

しっとりとした世界に

じっと佇みたくなる。


ほっと一息。


たまには

こんな夜もいいね。


♧ 葉のような、花のような。

f:id:gevening:20160827215839j:plain


時折り、花のような葉を

見かけることがあります。

花のように綺麗な赤味があって、
でもいかにも葉らしいの緑も混ぜながら、
何とも美しい色をした葉。

何という葉でしょう?
わたしはこの葉がとても好きで、
外で見かけると、視線が離れがたく、
毎回、なんてきれいな葉だろう!
と見とれてしまいます。

葉だからといって、
緑色というわけではないんだね。
自由だなぁ。

♧ わたしの形。

f:id:gevening:20160825015520j:plain


これは、わたしです。


過去のわたしでも、

明日のわたしでも 、

3年後のわたしでも、

いい。


自分の好きなように、

好きな自分を、

重ねてしまって いいのです。


過去のわたしから、

どこかが確実に、変わった。

そして、

未来のわたしは、

確実に、どこか変わっている。


形はわたしだけれど、

中身は 自由です。

わたしの好きなように、

デザインすればいい。

♧ 旅の前。静かな期待。

f:id:gevening:20160825012424j:plain


搭乗時刻まで、あと少し。

旅の前の 静かな時間。


誰もが、何気なく、さりげない。


すぐそこで、淡々とPC操作している男性は

仕事で発つのだろうか。


わたしは、さり気なく、必死に、

平静を装っている。


旅の前の、この期待を、

どうやって抑えよう?


朝日がまぶしい。